ミュージアム館3階はアンパンマンキャラクター&アンパンマン号

アンパンマンキャラクター60キャラを写真入りで紹介♪

 

まずはエレベーターでミュージアム館3階へ。扉が開くとたくさんのキャラクターたちが勢ぞろいしていて、大人も子供も思わず「わー!」っと歓声を上げてしまいます。

 

2009年に最もキャラクターの多いアニメとしてギネス世界記録に認定 されたアンパンマン。ギネス認定されたキャラクターの数は1768点ですが、進化(変身)形も含めるとアンパンマンのキャラクターは2000以上なんですよ。横浜アンパンマンミュージアム3階のお出迎えゾーンにいる立体のキャラクターを覚えておけば、アンパンマンにあまり詳しくない大人でも、子供たちと盛り上がれること間違いなし。壁に書かれたキャラクターまで知っていたら尊敬されちゃうかも!?

 

アンパンマン,キャラクター一覧

 

 

横浜アンパンマンミュージアムのファンサイトです

 

あんぱんママポイント

★バイキンマンの隣にいる「フランケンロボくん」はバイキンマンが作ったロボットのひとつ。自分を生み出してくれたバイキンマンを「パパ」と呼ぶ唯一のキャラです。大きな声で「パパー!」と呼びながら走っていきますが、バイキンマンは「パパじゃない〜〜〜」と逃げ回ってばかり。それでもフランケンロボくんはバイキンマンが大好き。パパですもんね♪声優はちびまるこちゃんでお馴染のTARAKOさんです。

 

★アンパンマンの後ろにいる妖精バックもなじみが少ない?好きな人に「嫌い」面白いときに「つまんない」と気持ちと言葉が反対(バック)になってしまうために誤解されてしまうキャラクター。でもバックのことを知っている仲間は、ええと、、、カッコ悪いって言ったから、、、「格好いいってことか!」など、みんなで考えてくれます。見た目ではわからないハンディーキャップを持っているお友達とも楽しく遊ぶことはできますね。年に1度はアニメに登場しているように思います。

 

★焼きそばパンマン(兄)とやきそばかすちゃん(妹)、ロールパンナ(姉)とメロンパンナ(妹)のように兄弟姉妹のキャラクターもいます。ちなみにドキンちゃんとコキンちゃんは本当の姉妹ではないんですよ。コキンちゃんは妹分なんですって〜、びっくり。

 

アンパンマン,キャラクター一覧

 

 

横浜アンパンマンミュージアムのファンサイトです

 

あんぱんママポイント

 

☆だいこん役者やダテマキマンは旅一座のメンバー。
少し見えにくいですがダテマキマンの奥にいる、紫のシルクハットをかぶったしらたまさんは、いわゆる宝塚のような、男装のミュージカル俳優。月組所属で「月のしらたま」と呼ばれたりもします。

エレベーターを降りた直後だけは順路があるので、まずは発見ジオラマコーナーへ。そのあとに先ほどのキャラクターゾーンへ進みますよ〜

あんぱんママ

 

子供がちょうどのぞきたくなる位置に地下の世界があったり、楽しいしかけがたくさん。

あんぱんママ

 

バイキンマンの潜水艦(スーパーモグリン潜水型、かな!?)の運転席。水色に光っている場所に・・・ママやパパが写ってる!カメラはどこ!?

あんぱんママ

 

すぐ上の世界にヒントがありそう、うふふふふ。

あんぱんママ

 

1番人気のアンパンマン号は長蛇の列ができることもある。ちなみにアンパンマン号の上に乗っているのは「かんたんシスターズ」のプラちゃんとマイちゃん。プラスドライバーとマイナスドライバーを持っていて、簡単に何でも修理しちゃうらしい。

あんぱんママ

 

パン工場ゾーンにある遊具。押すんだと思って「固い…」と思っていたら最初は上に持ち上げてから、上下に動かすようです。アンパンの顔がふくらむまで頑張って。

あんぱんママ

 

ママ友に「あんぱんママすごい!」と感激される率ナンバー1カビるんるんの切り株。トントンとやさしく触るだけで「かびかび!」という声が聞こえます。とても小さい声なので聞けたらラッキー!?

あんぱんママ

 

大人気の三人組どんぶりまんトリオ。左から「かまめしどん・てんどんまん・かつどんまん」。ちなみに天丼まんとカツ丼まんの間に見えている着物の女性は、天丼まんのお母さん「てんどん母さん」です。迫力ありますね〜

あんぱんママ

 

どんぶりまんトリオ脇に階段があります。最初にエレベーターで上がってきた後は、自由に階段で移動。(車イスの場合はスタッフの方がエレベーターを動かしてくれる)

あんぱんママ

 

階段手前にある案内板。当日のイベントスケジュール(ミュージアム館内での工作・人形劇・ミニステージや、中央広場での無料ステージ情報)が書いてある。

あんぱんママ